ブリーチの更木剣八は卍解を2つ習得してる?卍解の都市伝説4選

更木剣八 卍解

 

漫画「ブリーチ」に登場するキャラの中でも、特殊な環境で隊長の職を全うしている関係から、読者から高い関心の目で見られているのが、「更木剣八」です。

 

独特の風貌もさることながら、入隊試験を受けずに前隊長を殺害するという形で隊長に就いた実力者で読者を驚かせています。

 

そんな更木剣八ですが、卍解に関していくつかの都市伝説が存在しているのをご存知ですか?

 

ここでは、更木剣八の卍解にまつわる都市伝説などについて紹介していきます。

 

 

1.ブリーチの更木剣八にまつわる4つの都市伝説

 

更木剣八 卍解

 

ブリーチに登場する更木剣八は、風貌や言動がかなり荒々しく、圧倒的な威圧感を周囲に与えるため評判が良くありません。

 

特に前隊長を慕っていた部下は、更木剣八の態度を快くは思っておらず、恨みを抱く部下がいることも知られています。

 

そんな更木剣八ですが、卍解に関して以下に挙げるような都市伝説が存在するので紹介していきますね。

 

 

@ 更木剣八の斬魄刀はやちる本体である

 

更木剣八 卍解

 

更木剣八は不思議なキャラであり、隊長補佐の「やちる」と一緒に行動することが多いです。

 

やちるが幼少期に殺されそうになったところを、更木剣八が救うことでお互いがそれぞれ名前が無いことに気付き、名前を付け始めました。

 

それからは一緒に行動していましたが、途中でやちるが消えてしまい、最後になって再びやちるが登場します。

 

スポンサーリンク

 

こうした一連の流れから、「更木剣八の斬魄刀はやちる本体」だという都市伝説が出たのです。

 

やちるが何故か斬魄刀の名前をしっていたり、斬魄刀へ触れたことで精神世界の中に姿を現わすようなシーンがあるなどしているのがその根拠ですが、本編で事実は明らかにされていません。

 

本体のやちるが具象化して現実世界に姿を現わし続けているのは異例で、通常は卍解の時に屈服させるために出てきます。

 

それをしていない段階から具象化させていたとなれば、その時点で更木剣八は卍解を習得していたことになるでしょう。

 

しかし更木剣八は斬魄刀の声を聞こうとはせず、己の実力のみで戦い続けてきています。

 

それでも実力差が圧倒的になる頃、やちるが斬魄刀の名を教え始解に成功し、続いて卍解も解放させているのです。

 

となれば、斬魄刀の本体がやちるという都市伝説は、より信憑性が増してくるでしょう。

 

 

A 更木剣八の精神は獣化していた

 

更木剣八 卍解

 

更木剣八は己の実力に自信を持ち、他の技に頼らずとも実力のみで隊長になったり、更木剣八を名乗ったりしていました。

 

周囲から受ける批判や圧力に屈しない態度は、読者からカッコよく映ったのか、序盤から人気の高いキャラです。

 

さて更木剣八はこうした経緯のため、始解も終盤になってから、卍解は物語が終わりを迎える頃にようやく解放させたのです。

 

卍解した更木剣八は、言語により意思疎通ができない獣へと姿をかえ、自身の力で腕をちぎってしまうほどの野獣となりました。

 

スポンサーリンク

 

そのため、「更木剣八の精神は獣化していた」との都市伝説が指摘され、ネット上で話題になっています。

 

やちるが「野晒」という斬魄刀の名を教えてくれて、ようやく始解に成功しましたが、ここは少し疑問が残る部分。

 

前々から声は聞こえていたでしょうが、自身の実力のみで成長したいとの考えで声を聞こうとはせず、始解が遅れたとされています。

 

ですが本当は、「聞かないようにした」のではなく、「聞いても理解できなかった」だとしたら、この都市伝説は信憑性が高まるでしょう。

 

聞いても理解できないというのは、言語による意思疎通ができないことを意味し、卍解時の更木剣八そのもの。

 

さらに彼の性格は、荒々しく戦うことにしか興味を示さないなど、まるで野獣のような性格です。

 

つまり、更木剣八は卍解をする前から、精神が獣化しており、始解や卍解が遅れたと推測できますね。

 

 

B 卍解でやちるを屈服させるのが嫌だった

 

更木剣八 卍解

 

更木剣八の卍解にまつわる都市伝説で、読者から支持されているのが、「卍解でやちると戦うのを嫌がった」というものです。

 

恐らく更木剣八は、斬魄刀の本体がやちるで常に具象化する特殊なタイプであると、ずいぶん前から理解していたでしょう。

 

彼は戦いにのみ興味を抱く存在ですが、隊長として任についている所を見ると、それなりに頭も切れるはず。

 

やちるが行方不明になったタイミングなどを通して、斬魄刀の本体がやちるであると知ったと考えるのが自然です。

 

そして他の隊長や元柳斎から、卍解するためにはどんな行動が必要なのかは知っていました。

 

もし卍解をするとなれば、やちるを屈服させる、つまり戦闘で勝利しなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

更木剣八は人情味が厚い人物でもあるので、やちるを屈服させる行動を取るつもりは微塵もなかったに違いありません。

 

つまり卍解をして、やちると戦うのを極端に嫌がった関係で、最後まで卍解をしなかったと都市伝説では指摘されています。

 

卍解の名で、斬魄刀の真の名前が分かりますが、更木剣八の卍解の名前は本編で明かされはしませんでした。

 

ここから、最後まで抵抗を感じていたのが理解できますね。

 

 

C ブリーチの更木剣八は卍解を登場させる予定はなかった

 

更木剣八 卍解

 

更木剣八はとても特殊なキャラクターであり、性格や言動などが特徴的です。

 

それは始解や卍解にも当てはまっており、最後まで卍解の発動はせず自身の限界を突破する必要性を感じたときに、ようやく解放しました。

 

そんなブリーチの更木剣八の都市伝説として、「卍解を登場させる予定はなかった」というものがあります。

 

物語が終盤になると、卍解を使って戦闘するケースが普通になっており、特に特殊な能力という形ではなくなりました。

 

それでも多くのキャラは卍解に頼った戦術を繰り広げており、主要な戦闘スタイルになっていたのです。

 

登場するキャラクターが、皆同じ戦術を使っているようでは面白さは半減してしまうので、マンネリ化を防ぎたいところ。

 

原作者はそのように考え、更木剣八ぐらいは卍解を使用せず己の実力のみで進展して欲しいと考えたとしても不思議ではありません。

 

では、どうして卍解を登場させる選択を取ることになったのでしょうか?

 

この点について、都市伝説で理由として挙げられているのは、

 

  • 卍解を登場させないと戦闘に勝つのが難しくなった
  • 卍解を登場させるべきだとの声が読者を中心に広がっていた
  • 更木剣八が卍解を登場させないのは逆に不自然との声が挙がった

 

この3点ですが、特に注目されているのが「読者からの要望」という理由です。

 

読者が更木剣八が卍解をしたら、どれほど強くなるのかを期待し、それに対しての要望が多く寄せられました。

 

原作者が考えるストーリーではありませんが、読者の要望を反映させて最終章の終わり部分で、卍解を出したと都市伝説内で指摘されています。

 

2.ブリーチの更木剣八が卍解を出した後の運命とは?

 

更木剣八 卍解

 

ブリーチに登場する更木剣八は、最終章の終わり部分で卍解をし獣化しました。

 

霊力を大量消費する卍解は、剣八であろうと長続きはしませんでしたが、腕を自壊するほどの威力を見せつけたのです。

 

彼の働きによりラスボスを撃破し、尸魂界に平安が訪れることになり、それから10年後も描かれています。

 

それによると、10年後も隊長として護廷十三番隊の一員として大きな戦力となり、新しい組織を引っ張っていました。

 

では、更木剣八の卍解は、どの程度まで進化しているのか気になりますよね?

 

物語中で卍解を出したのは最初で最後の1回限りであり、その時は意志疎通ができないほど狂暴化しています。

 

卍解は何度も修行を重ねると、ある程度自身で制御ができるようになり、戦闘で有利に用いることができるのです。

 

更木剣八は己の力のみで突き進むタイプでしたが、卍解を発動したことによって、その能力を認めざるを得なかったはず。

 

ですから何度も卍解を発動させることで、自らの能力をさらに高めようとしたと容易に想像できます。

 

更木剣八は、卍解をマスターし自分のものにすることで、獣化をある程度まで抑制させることに成功したと読者は予想しています。

 

 

3.更木剣八の卍解が2種類存在する裏話の真相

 

更木剣八 卍解

 

ブリーチの更木剣八ですが、実は卍解が2種類あるという裏話があるのをご存知ですか?

 

これが登場したのは、やちるが野晒という斬魄刀の本体である点が示唆された辺りからです。

 

思い出してほしいのは、やちるも斬魄刀を所持しているという点。

 

つまり、やちるは斬魄刀本体でありながら具象化し、自身も斬魄刀を所持しているのです。

 

そして入隊試験を受けずに副隊長になるという、とんでもない実力を持っている所から判断するに、卍解までは習得していると予想できます。

 

更木剣八はそんなやちるを武器にしている関係で、やちるが卍解を習得しているなら、やちるの卍解をも自身の技にできるのではないかと推測されています。

 

そのため、更木剣八は2種類の卍解が使えるとの裏話が出回り、SNS上で大きな話題となりました。

 

ですが本編では、やちるが更木剣八の斬魄刀の本体であると明確に分かった訳ではないですし、やちるが卍解を習得したかも不明です。

 

そのため、裏話の真相はガセという形で処理されています。

 

 

まとめ

 

更木剣八 卍解

 

ここでは、更木剣八の卍解にまつわる都市伝説などについて紹介していきました。

 

更木剣八の卍解に関しては、読者も関心が高いのかいくつも都市伝説が存在するので、ここでは特に話題の4点に絞っています。

 

剣八は本編で1回限り卍解を使用しましたが、10年後も隊長であり続けている所を見ると、その後も卍解を使用している可能性はありますね。

 

卍解をマスターした更木剣八が、いつか読者が目にする日がくるのを楽しみに待ちましょう!